タイミングが重要!シングルマザー(シンママ)再婚に向いている時期

シングルマザー(シンママ)は恋愛がスムーズに行っても再婚の時期が難しく悩んでしまう事も多いようです。

 

再婚のタイミングを見誤ってしまうと、お相手の男性とも喧嘩が増えたり大切な子供の気持ちを傷つけ親子関係がギクシャクしてしまう事も考えられます。

 

シングルマザー(シンママ)が再婚するベストな時期とは一体どういう時なのでしょうか?

 

今回は、タイミングが重要!シングルマザー(シンママ)再婚に向いている時期についてお話を進めて行きます。

 

 

シングルマザー(シンママ)の再婚ベストな時期とは?

 

シングルマザー(シンママ)の再婚がベストな時期は、いくつかあります。

 

  • 子供がまだ3歳以下であり、本当の父親の顔を覚えていない場合
  • 子供が小学生低学年くらいまでで、新しい彼と子供の関係が良好な場合
  • 子供が思春期を超え、ある程度自分が確立され始めた場合
  • 子供が自立して家を出たタイミング
  • 彼と子供との関係が良好で、引越しなどをするタイミング
  • 彼と子供の関係が良好で、彼が転職をするタイミング

 

シングルマザー(シンママ)が再婚を考える時は、必ず子供の成長や心の状態と向き合いながら時期を決めていく事が大切です。

 

 

自分の気持ちを優先して再婚の時期を決めるのはちょっと待った!

 

お付き合いしている男性のことを好きになると、どうしても自分の気持ちのままに再婚の時期を決めてしまうシングルマザー(シンママ)が多いと思います。

 

しかし、母親にとって今一番大切なのは自分の子供ではないでしょうか?

 

もちろん、心の支えである彼の存在も大切ですし彼がいるから毎日頑張っていけるのだと思います。

 

でも、子供の気持ちや状況を考えずに再婚に踏み切ってしまうのは間違いです。

 

特に小学校の高学年くらいから中学生〜高校生あたりまでのお子さんは思春期にあたり、この時期は心も傷つきやすい時期になります。

 

 

特に女の子のお子さんと二人で生活してきたという状況だと、家の中に見ず知らずの男性がいきなり入り込んで来て父親だと名乗るのですから、戸惑ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。

 

大切な自分の子供の気持ちを傷つけることのないよう、そして自分本位に再婚のタイミングを決めてしまわないように気をつけましょう。

 

再婚のタイミングが来たら女性側から積極的に話を進めよう

 

再婚のタイミングが来たら、彼からの「一緒に住もう」という言葉をいつまでも待っているようでは話が先に進みません。

 

女性の方から積極的に「私一人で子共を守っていくのは大変だし、不安があるから貴方の力が必要」と彼に再婚したい気持ちや一緒に住みたい気持ちを積極的伝えてみましょう。

 

男性側も一緒に住みたいという気持ちがあるけれど、シンママの子供の気持ちを考えたりするうちに一歩が踏み出せなくなっている場合もあります。

 

 

待つだけという姿勢から、「今ならベストなタイミングだよ」と彼に教えてあげる事が必要かもしれません。

TOPへ