シングルマザー(シンママ)と付き合える?世代、年齢別の男性の本音

若いシングルマザー(シンママ)は、恋愛だってガツガツ攻めていきたいものです。

 

子供がいても、女としての人生だって大切!

 

恋をして子供のためにも新しいパパをゲットして…とアレコレ考えたりするのではないでしょうか?

 

しかし、子連れの恋愛となると男性が本当はどう考えているのか、お付き合いはできるのか?結婚してくれそうなのか?など悩みも増えてくると思います。

 

今回は、そんな女性に向けて。

 

シングルマザー(シンママ)に対して独身男性はどのような気持ちを持っているのかについて男性の本音に迫って行きたいと思います。

 

 

若い独身男性は、恋愛はできても結婚は…と考えている事が多い

 

20代から30歳位の若い男性は、結婚をそれほど意識していない人も多く、すごく自分好みで魅力的なシングルマザー(シンママ)が現れると「付き合えるかな?」とまず恋愛が出来るかどうかを考えるようです。

 

 

子供がいるということで、自分達の恋愛が邪魔されないか、恋人同士のようにちゃんとやっていけるの?なんて不安があって「ちょっと無理かも」と感じてしまう男性も少なからずいるようです。

 

この年齢の男性は、普通の恋愛を楽しみたいと考える事が多い時期ですのでシングルマザー(シンママ)を好きになったとしても「乗り越える壁が沢山あり過ぎて大変だ」と付き合うのを断念してしまう事も…。

 

 

30代独身男性は「アリはアリだけど」と曖昧な答えが多い

 

30代の独身男性はちょうど結婚適齢期にあたります。

 

この時期に、シングルマザー(シンママ)の女性と出会いがあった男性は結構悩むようです。

 

結婚してもいいと思っているけど、元夫との間に出来た子供がネックになって籍を入れるか迷ってしまったり、親に相談したら大反対を受けてしまったりと、結婚してもいい気持ちはあるものの、簡単には踏み出せないというのが本音のようです。

 

30代、40代バツアリ男性はシンママとの出会いに積極的

 

30代で、しかもバツがついている男性はシングルマザー(シンママ)との出会いに積極的ですし、結婚もそれほど難しいことではないと考える人が多いでしょう。

 

1度結婚を経験していますので、結婚とはどういうものなのかをある程度知っていますし、理解もあります。

 

バツイチ男性側に子供がいない場合は「俺の子供も産んで」とせがまれる事はあるかもしれませんが、それを乗り越えれば割とスムーズに結婚までは辿りつけそう。

 

しかし、元夫との間の子供と自分の子供への愛情の注ぎ方が若干変わる男性もいるので、見極めが必要かもしれません。

 

40代の以上の男性は、シングルマザー(シンママ)も寛容に受け入れてくれる

 

40代以上の男性は、初婚であってもシングルマザー(シンママ)を寛容に受け入れてくれる傾向があります。

 

男性側も結婚を焦っていることも多く出会った女性が自分好みであればあるほど「この人を逃したらもうチャンスは無いかも」と結婚に前向きになってくれる可能性が高いです。

 

彼の親も「とりあえず結婚して安心させて」という考えになるので、反対もそれほど受けずにスムーズにお付き合いから結婚へと繋がって行きそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

男性の本音として、バツイチ男性、40代独身男性、30代独身男性、20代独身男性の順番でシングルマザー(シンママ)を受け入れられる器を持っていると考えて良いでしょう。

 

年齢や経験を重ねると、相手の状況や気持ちを理解する心も備わります。

 

そのような男性をターゲットに出会いを絞ると上手な相手選びができるようになるかもしれませんね。

TOPへ