シングルマザー(シンママ)が付き合うと幸せになれない男性の特徴

シングルマザー(シンママ)は、男性とのお付き合いを楽しむというよりも新しい旦那様だったり、子供の新しいパパを探しのお付き合いをしているいるケースが多いでしょう。

 

「2回目の結婚は、絶対に失敗したくない!」「子供のためにも良いパパになってくれる男性を選びたい!」なんて考えてしまう事もあると思います。

 

 

同じ失敗を繰り返さないためにも、シングルマザー(シンママ)が付き合ってはいけない男性のタイプや特徴を今回は紹介していきたいと思います。

 

 

子供抜きでデートしたいと言い続ける男性

 

「結婚」を意識したお付き合いをするなら、いずれは子供と彼が関わっていかなければなりません。

 

 

しかし、現実はそれを拒む男性もいます。

 

 

「二人で会いたい」とか「子供は親に預けて来たら?」というような事を言い続けて、シンママを困らせてしまうような男性とのお付き合いは避けるべき。

 

 

こういう男性は、「バツイチだと思いたくない」とか「子供がいる女性だと思いたくない」というように現実から目をそらしている場合も多いので、再婚の話をしたとたん尻込みして逃げてしまう事もあります。

 

束縛が強く、アレコレ指示してくる男性

 

束縛が強い男性にありがちなのですが、「○時までには連絡して」とか「毎日何時と何時にLINEして」と言う風に指示を出す人がいます。

 

しかし、こんな事を言われてもシングルマザー(シンママ)には家事、育児、仕事とこなさなければならない毎日のルーティーンが多く負担ばかり増えてしまいます。

 

仕事、子供のお迎え、夕飯作り、お弁当作り、お風呂に入れて、家事を済ませてと分刻みで生活している人も多くそれを理解してくれない彼とのお付き合いは長続きしません。

 

束縛が強い男性と付き合うと、精神的に辛くなってしまいます。

 

 

子供の面倒を見ないタイプの男性

 

子供と一緒にデートをしてくれるという状態までは持って行くことが出来ても、デート中に子供の面倒を全く見ないタイプの男性もいます。

 

例えば子供が泣いても完全に無視する、一切手伝ってくれない。

 

食事の時も、自分が食べるのもそこそこに子供にご飯を食べさせたりしているのを見ても、自分はさっさと食事を済ませてタバコを吸いに出て行ったりスマホゲームをしたりなど全く協力しようとしてくれない…。

 

 

こういう男性と付き合っても、将来一緒に住んだ時にも協力はしてくれないのが目に見えるようです。

 

好きという気持ちが大きい最初のうちはまだ良いのですが、気持ちが慣れてくると彼の非協力な態度にイライラが募ってきそうです。

 

浪費癖がある男性

 

お金をある程度稼いで経済力のある男性でも、浪費癖がある男性は避けるべきです。

 

自分の趣味ばかりにお金をかけたり、パチンコや競馬などのギャンブルに熱を上げたりするようなタイプの男性とはお付き合いをしないほうが良いでしょう。

 

このような男性は、一緒に住んで安心すると余計に遊びグセが強くなる傾向があります。

 

借金などを重ねながらギャンブルし放題なんて事になったら、自分だけでなく大切な子供を守り切れなくなってしまいます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、シングルマザー(シンママ)が付き合うと幸せになれない男性の特徴を4つあげていきました。

 

 

自分と子供の事を一番に考えてくれる男性をしっかりと見極めて、お付き合いを進めていかないと後々大きな苦労を背負い込む事になってしまいそうです。

 

焦って再婚というワードを口に出さず、ある程度の期間付き合いながら彼の本質を見抜いて行きましょう。

 

 

 

TOPへ