シングルマザーが年下の彼氏と付き合う時の注意点

シングルマザー(シンママ)と、年下男性のカップルというのは成立しやすいようです。

 

 

芸能人でもシンママの竹内結子さんや大塚寧々さんは年下男性と再婚していますよね。

 

 

そんな相性の良い年下男性とシングルマザー(シンママ)の恋愛ですが、注意すべき点も幾つかあります。

 

 

年下男性とお付き合いする時、どのような事に気をつけたら良いのでしょうか?

 

 

一緒に考えていきましょう。

 

 

シングルマザー(シンママ)は草食系の独身男性にモテる

 

最近では、恋愛にガツガツしていない草食系の男性が増えています。

 

そういう男性からすると、シングルマザー(シンママ)は人生経験も多く、ハキハキと自分の意見を言えたり頑張って前向きに生きている姿がとても魅力的に映るようで、すぐに恋に落ちてしまう男性も少なくありません。

 

今のシングルマザー(シンママ)は、若くて綺麗で自分磨きをしっかりしている方が多いので、バツイチ子持ちという状態でも「俺が守りたい」なんて思ってもらえるみたいですよ!

 

シングルマザーが年下の独身男性とお付き合いする時に注意すること

 

相手が恋愛したいのか結婚したいのかを見極める

 

シングルマザー(シンママ)は、恋愛だけしていればいいという人もいるかもしれませんが、殆どの方は「結婚を考えたお付き合いをしたい」と考えているはず。

 

 

でも、若い男性ほど「今を楽しむ」だけの恋愛を望む傾向があるので結婚まで考えていないことも多くあります。

 

彼の本音を探るのは難しいですが、やんわりと結婚についての意思を確認する事も必要でしょう。

 

 

経済力があるか無いかをチェックする

 

年下の男性とお付き合いをすると、男性側のお給料がそれほど高くない人もいて、デートはいつも割り勘もしくは女性側の負担になることも…。

 

でも、シングルマザー(シンママ)の経済状況は独身女性ほど豊かではありません。

 

自分と子供が食べていけるだけのお金を毎日必死に稼いでいるシンママが多いのですから、どれだけお相手の男性のことが好きでもお金がかかり過ぎるお付き合いは長く続きません。

 

年下の彼氏で甘えん坊な性格だと、彼女がシンママでもデート代を負担させようとする人やヒモ状態になる人もいるようですが、そういう男性は早いうちに見切りをつけないと人生を狂わされてしまうかも!

 

子供の事にも理解を示してくれるか

 

結婚の経験がない独身の年下男性は、子供の扱いに慣れていないので子連れデートに難色を示す傾向があります。

 

 

子供にどう接したらよいか解らないとか、子供が苦手なんていう男性もいるようで、「できれば子供を預けて二人きりでデートしたいな」なんて言ってくる人もいるかもしれません。

 

でも、そういう男性と付き合うと後々が辛くなります。

 

親に子共を預けるのや託児所に預けるのにも限度がありますし、結婚を考えているお付き合いなら将来のことを考えて子供と一緒のデートも何度か経験させておくべきです。

 

それを拒否するような男性とのお付き合いは先がないと考えて見切りをつけるべきかもしれません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

年下の男性は甘え上手ですし、シングルマザー(シンママ)から見ても「子供がもう一人増えたよう」「ついつい面倒をみてしまう」と可愛い存在になるでしょう。

 

 

恋愛を楽しむだけ、ちょっとの期間遊ぶというのなら問題ありませんが長く付き合い将来的に結婚を見据えるとしたら、彼の内面もしっかりと見ておくべきでしょう。

 

TOPへ