シングルマザー(シンママ)はモテる?どんな男性から人気があるの?

少し昔の日本なら、離婚した女性はなかなか次の結婚相手が見つからず、そのまま独身のまま一生を終えるという人が多くいました。

 

しかし、今の日本の離婚率は約35%前後にもなり3〜4組に1組は離婚する時代です。

 

このような状況なので、離婚歴があって子持ちでも偏見は少なくなり、受け入れてくれる男性も多くいます。

 

もう恋愛は出来ないかもと諦める必要はまったくありません。

 

シングルマザー(シンママ)でも恋愛対象として見てくれる男性は多いので、いくらでも恋愛はできます。

 

今回は、シングルマザー(シンママ)がどんな男性にモテるかについてお話して行きたいと思います。

 

 

年下の独身男性

 

バツイチの年上の女性に魅力を感じる年下の独身男性は一定数います。

 

年上のシングルマザー(シンママ)は人生経験もあり、自分だけで子供を育てている健気さと同時に母性や強さは甘えん坊な年下男子にはとても魅力的。

 

特に草食系で優しい男性は、ハキハキしている元気なシングルマザー(シンママ)を見るとキュンとしてしまうみたいです。

 

しかし、年下の若い独身男性は経済的にも精神的にも安定しておらず子供への理解も示してくれないなどデメリットもあります。

 

若くても精神的に成熟している年下の独身男性ならシングルマザー(シンママ)の女性とうまくマッチングできると思いますよ。

 

 

離婚経験のある男性

 

離婚経験のある男性は、自分も結婚と離婚を経験しているのでシングルマザー(シンママ)という立場に理解があるので、好みのタイプの女性なら「お付き合いしたい」と恋愛対象として見てくれます。

 

子供のことも「結婚していたんだから子供がいても当たり前」という風に考えてくれるので、お付き合いも楽チンです。

 

しかし、離婚経験のある男性の問題点は元奥さんとの間に子供がいると養育費を払っていたり慰謝料などを請求されていてお金が無いという点です。

 

将来を考えるのなら、彼のお財布事情もしっかりチェックして!

 

年上の独身男性

 

自分より年上の独身男性にシングルマザー(シンママ)はモテます。

 

今のシングルマザー(シンママ)はオシャレで、自分磨きもしっかりしているので「キレイで可愛らしい子」として見てくれます。

 

結婚歴がなくても年上であればある程度の人生経験もありますので、周りにシングルマザー(シンママ)や、シングルファザーさんもいる事が多く偏見などなくお付き合いもスムーズに進む可能性が高いでしょう。

 

 

しかし、その年齢まで一度も結婚してないのにはそれなりの事情があるでしょうから彼の性格や、生活事情などをしっかりチェックしてからお付き合いする必要があります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

シングルマザー(シンママ)が出会いを求める時には、需要のある市場の男性をターゲットにしてみるとすんなりお相手が見つかり素敵な恋ができるかもしれません。

 

それぞれにデメリットや問題点もあるでしょうが冷静に相手を見極めることでリスクは確実に減らせますので、シングルマザー(シンママ)でも自分に自信を持って最初の一歩を踏み出してみましょう。

 

 

TOPへ